シボヘールの効果は、「葛の花由来イソフラボン」によるものが大きいといえます。
ここでは、葛の花由来イソフラボンの効果について詳しくご紹介します。

葛の花由来イソフラボンの効果は臨床試験で実証!

脂肪の減少

葛の花由来イソフラボンには、内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる効果が期待されています。
この効果は、実は臨床試験によって証明されているのです。
約12週間の臨床試験では、内臓脂肪は約8平方センチメートル、皮下脂肪は約13平方センチメートル減少したという結果になりました。
もちろんこれはひとつの実験結果であり、必ずしも同じ効果が発揮されるとは限りませんが、ある程度の効果は期待できると考えられます。

葛の花由来イソフラボンに期待できる3つの作用

葛の花由来イソフラボンには、内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる効果が期待できます。
なぜこの効果が発揮させるのかというと、それには3つの作用が関係しています。

脂肪の合成を抑える作用

脂肪の合成を抑制

エネルギーを燃焼させた結果、余った分は肝臓で中性脂肪に合成されます。
合成された中性脂肪は体の各部で体脂肪として蓄積されるので、肥満の原因にもなります。
葛の花由来イソフラボンには中性脂肪の合成を抑える作用が期待できるので、体脂肪がつきにくい体になるのをサポートしてくれます。

脂肪の分解をサポートする作用

脂肪の分解をサポート

体脂肪はそのままではエネルギーとして利用できず、一度脂肪酸に分解する必要があります。
きちんと分解が行われなければ、なかなか体脂肪は消費されず溜まっていきます。
葛の花由来イソフラボンには、この体脂肪の分解をサポートする作用が期待できます。
そのため、体脂肪が蓄積しにくい体を作りやすいでしょう。

脂肪の燃焼をサポートする作用

脂肪の燃焼をサポート

体脂肪が分解されて脂肪酸になると、褐色脂肪細胞という細胞によって燃焼されます。
この燃焼が活発に行われれば、体脂肪を効率よく消費することができます。
葛の花由来イソフラボンには脂肪の燃焼をサポートする作用が期待できるので、痩せやすい体を作りやすいでしょう。

おすすめの記事