シボヘールは葛の花由来イソフラボンの3つの作用によって、内臓脂肪や皮下脂肪の減少が期待できるサプリメントです。
シボヘールを飲む際に気になるのは、その飲み方。
効果的な飲み方や間違った飲み方はあるのでしょうか。
ここでは、シボヘールの飲み方のポイントについてご紹介します。

シボヘールは薬ではなくサプリメント

シボヘールの飲み方について考える際には、薬ではなくサプリメントであることにまず注目しましょう。

薬の場合は服用量が少なければ効果が発揮されず、多ければ副作用が生じる可能性があるため、用法用量がきちんと設定されています。
しかし、シボヘールは薬ではなくサプリメントです。
そのため、目安量こそ示されていますが、必ず守らなければいけないということはありません。

とはいえ、飲みすぎると体になんらかの不調が生じるケースもあるので、目安量に従うほうがいいでしょう。

継続することが大事

シボヘールには即効性がないため、効果を実感するためにはある程度飲み続ける必要があります。
公式サイトでは、最低でも3ヶ月は飲むことが推奨されています。
口コミなどでは3ヶ月以内に効果を実感できたという意見もありますが、普段の生活や体質などによっても変わるため、基本は3ヶ月と覚えておきましょう。

飲むタイミングを考える

シボヘールを飲むタイミングは特に定められていませんが、一般的には飲み忘れを防ぐという意味でも食後に飲むことが多いといえます。
もちろんそれでも構いませんが、自分に合ったタイミング、より効果的なタイミングを考えてみるのもいいでしょう。
例えば運動前。
シボへールに含まれる葛の花由来イソフラボンには脂肪の燃焼をサポートする効果が期待できるため、運動前に飲むことでより脂肪を燃焼しやすくなると考えられます。

おすすめの記事